philosophy

creek

楽しく仕事に向き合い、相手を好きになり、
本音で語り合いながら助け合う。
小さな流れから大きなうねりを生み出し、
既存の形態にとらわれず進化していく。
クリークは明確な理念をもち、
全員が想いを共有することで
一人ひとりの幸せと
広く社会に貢献することを目指しています。

office

company

creek profile

商号

株式会社クリーク

所在地
  • 外苑前事務所
    東京都渋谷区神宮前3-42-10
    GOTOビル 1F.2F
    TEL.03-3402-6551
    / FAX.03-3402-6553

    Google Map

  • 本社
    東京都大田区上池台4-36-10

    Google Map

資本金
1,000万円
設立
1988年4月28日
役員
代表取締役会長 清水利招
代表取締役社長 清水恵美子
常務取締役 清水健祐
取締役 奥平宏樹
取締役 古屋功
業務内容

広告代理店業及び広告、宣伝のデザインの企画、制作
自社貸写真スタジオの経営
インターネット(PC及びモバイル等)コンテンツの企画及び制作
ITシステム・アプリ構築コンサルティング
デザイン制作におけるスタッフの紹介および斡旋
国内外モデルキャスティング
商品開発の企画及び制作
商品開発のマーケティング 他

service

Beyond
Creativity

30年以上の長きに渡りグラフィック領域で培ったノウハウを生かし
動画・デジタル領域の案件についても数多く手がけています。
移りゆく時代の中でメディアやデバイスがどれほど様変わりしても
プロモーションの核を担い、ブレイクスルーを実現するアイデアこそが
私たちの最大の強みといっても過言ではありません。
ターゲットのインサイトを捉えたクリエイティブはもちろん
動画マーケティング、デジタル広告に至るまで
さまざまな課題解決に、ぜひ弊社のリソースをお役立てください。

group

LUSHLIFE Studio 104

access/contact

creek

現住所
150-0001
東京都渋谷区神宮前3-42-10 GOTOビル 1.2F
最寄駅

東京メトロ銀座線「外苑前」駅 3番出口 徒歩5分
TEL.03-3402-6551 / FAX.03-3402-6553

銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅 徒歩10分

TEL
03-3402-6551 / FAX.03-3402-6553

e-mail

recruit

次の30年をともに駆け抜ける、
まだ見ぬ仲間の皆さんへ

デザインワークに留まらず、クリエイティブの企画立案から撮影までを
ワンストップで提供する私たちクリークは、
まもなく35期目を迎える少数精鋭のクリエイティブ・エージェンシーです。
広告から各種プロモーション、デジタルコンテンツまで多様なメディアに対応し、
化粧品、アパレル、食品、電化製品といった幅広い案件を手がけています。
クリエイターとして、ビジネスマンとして、
大きく成長できる環境で、私たちと一緒にあなたの夢をカタチにしませんか。

job list

terms of use

creek

Thank you for visiting
the official website
of Creek Inc.!

株式会社クリーク公式サイトへお越し頂き
誠にありがとうございます。
当ウェブサイト(https://creek-inc.jp
以下「当サイト」といいます)は
株式会社クリークが運営しております。
お客様が当サイトをご利用されるにあたっては、
利用規約をお読み頂き、同意される場合にのみご利用下さい。
なお、本規約につきましては予告なく変更することがありますので、
あらかじめ御了承くださいますようお願い申し上げます。

Terms of service

第1条(保証の否認)

  • 株式会社クリーク(以下「当方」という)は、本サイトにおいて提供される各サービス(以下「各サービス」という)及び記事の内容等の正確性に対する保証行為を一切しておりません。また、当方は利用者が各サービスを利用したことに起因する直接的又は間接的な損害に関して一切責任を負わないものとします。
  • 当方は、本サイト内のすべての情報、記事、画像等に、ウイルスなどの有害物が含まれていないこと、および第三者からの不正なアクセスのないこと、その他本サイトの安全性に関して一切の保証をしないものとします。
  • 当方は、予告なしに、本サイトの運営を停止または中止し、また本サイトに掲載されている情報の全部または一部を変更する場合があります。
  • 利用者が当サイトを利用したこと、または何らかの原因によりこれをご利用できなかったことにより生じる一切の損害および第三者によるデータの書き込み、不正なアクセス、発言、メールの送信等に関して生じる一切の損害について、当方は、何ら責任を負うものではありません。

第2条(情報の転載等の禁止)

  • 本サイトを構成するすべてのデータ、記事、画像等のすべての著作権は、当方及び画像等の作成者に帰属します。閲覧者は、当方が特段の事情がある と判断した場合を除き、本サイトの画像、データ及びプログラムを他のサイト、雑誌、広告等に転載できないものとします。ただし、閲覧者は、当方の許諾を得た場合、本サイト上の記事及び文章をWEBサイト上において転載及び引用することができるものとします。
  • 前項に違反して本サイトに掲載の情報等を無断で転載した場合、当方は、同違反者に対し、著作権法に基づく各処置(警告、告訴、損害賠償請求、差止請求、名誉回復措置等請求等)を行います。

第3条(権利の帰属)

  • 本サイトを構成するすべてのプログラム、ソフトウェア、サービス、商標及び商号ならびに当方及び当方が業務提携する事業者等が提供するサービス、商品及びそれに付随する技術全般に関する権利は、当方、当方が業務提携する事業者等、プログラム等の権利者又は情報提供者等に帰属するものであり、利用者等は、同権利等を侵害する行為を一切行ってはなりません。
  • 利用者等は、本サイトを構成するすべてのプログラム、ソフトウェア等に対して侵害行為及び改造行為等を行ってはなりません。
  • 本条の規定に違反して紛争が発生した場合、利用者等は、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、いかなる場合も当方を免責するものとします。

第4条(損害賠償)

  • 利用者等が本規約、本サイト内の各規約又は各ガイドライン及び法令の定めに違反したことにより、当方及び当方が業務提携する事業者等を含む第三者に損害を及ぼした場合、同利用者等は、当該損害を賠償する責任を負い、いかなる場合も当方及び当方が業務提携する事業者等を含む第三者を免責するものとします。
  • 第3条に違反し当方、当方が業務提携する事業者等又は第三者に損害を与えた利用者等は、当方、当方が業務提携する事業者等及び他の利用者等又は第三者が受けたすべての損害を賠償する義務を負うものとします。

第5条(各サービスの一時的な停止)

  • 当方は、以下の事由により、利用者に事前の通知なく、一時的に各サービスの提供を停止することができるものとします。各サービスの停止による直接又は間接に生じた利用者又は第三者の損失や損害について、当方は、その内容、態様の如何に係わらず一切の責任を負わないものとします。

    各サービスの稼動状態を良好に保つため、当方のシステム保守、点検、修理などを行う場合。

    火災、停電による各サービスの提供ができなくなった場合。

    天変地異などにより、各サービスの提供ができなくなった場合。

    その他、運用上または技術上、各サービス提供の一時的な停止を必要とした場合。

  • 当方は、前項の理由により各サービスの一時停止を行った場合において、各サービスの継続的な提供が困難だと判断した場合、第6条の規定に係わらず利用者等に対して通知を行わず各サービスを終了することができるものとします。

第6条(サービスの終了)

  • 当方は、利用者に対し14日前までに通知を行うことにより各サービスを終了することができるものとします。
  • 前項の各サービス終了の通知について、当方は、利用者及び閲覧者に対して本サイト内への掲示をもって行うものとします。
  • 第1項の各サービス終了によって直接又は間接的に生じた、利用者又は第三者の損失や損害について、その内容、態様の如何に係わらず、当方は、同利用者又は第三者に対して一切の損害の責任を負いません。

第7条(合意管轄等)

  • 本規約に関連して、会員及び利用者と当方との間で紛争が生じた場合には、双方は、ともに誠意をもって協議するものとします。
  • 前項により協議をしても解決しない場合は、札幌地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
  • 本規約の準拠法は、日本国法とします。

第8条(利用者の行為)

  • 利用者が本サイトを利用して送受信する場合、同送受信内容は、利用者自らが責任を負うものとします。
  • 当方は、本サービスを利用者にインターネットを経由して提供します。インターネットに接続するためのあらゆる機器、通信手段、ソフトウェア等は、利用者が自らの責任と費用において、適切に設置及び操作しなければなりません。同操作等について当方は一切の責任を負いません。
  • 利用者は、利用者のインターネット接続環境等によって、本サービスを利用又は閲覧するために通信費等が別途必要となることに同意し、同通信費等の一切を同利用者が負担するものとします。
  • 利用者は、利用者のインターネット接続環境等によって、本サービスの一部を閲覧又は利用できない可能性があることを予め了承するものとします。

第9条(本規約の変更)

当方は、当方の都合により、本規約の内容を必要に応じ予告なくして改定することができ、利用者は、本サイトを利用する際、その都度、本規約の内容を確認するものとします。改定後に利用者が各サービスを利用した場合には、改定に同意したものとみなします。なお、本ページを確認しなかったことに起因する直接または間接に生じた利用者及び第三者に与える損害については、その内容、態様の如何に係わらず、当方は一切の責任を負わないものとします。
制定日:平成26年8月20日

Basic policy for
eliminating antisocial forces

反社会的勢力に対して、
当社では毅然とした態度で対応することを基本方針とし、
反社会的勢力の排除に向けて全社的に取り組んでいます。

  • 反社会的勢力による不当要求については、担当者や担当部署だけに任せず、代表取締役社長以下、組織全体として対応します。
  • 反社会的勢力とは、取引関係を含めて一切の関係をもちません。また、反社会的勢力による不当要求については拒絶します。
  • 反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います。
  • 反社会的勢力による不当要求が、事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合であっても、事案を隠蔽するための裏取引を絶対に行いません。
  • 反社会的勢力への資金提供は、絶対に行いません。
反社会的勢力とは

暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人、具体的には暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団などを指す。

Privacy & Policy

株式会社クリークは、ユーザーの個人情報を
保護するための方針を以下のとおり定め、
施策の実施・維持、それらの継続的な改善を行います。
当方は、個人情報保護に関する法令及び
その他の規範を遵守します。

本プライバシーポリシーにおいて「個人情報」とは、個人情報保護法にいう、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、住所、電話番号、メールアドレス及びその他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)をいいます。
お客様からご提供いただいた個人情報を、お客様の同意がある場合または正当な理由がある場合を除き、第三者に開示または提供を行いません。
個人情報の収集は、適法かつ公正で偽りその他不正の手段によらず適正な手段によりその目的の達成に必要な範囲内において行います。
個人情報の利用につきましては、お客様からご提供いただいた個人情報を当方によるサービスの提供、製品・サービスの品質向上、お客様からのお問い合わせへの対応、当方の製品のご案内や運営等に利用致します。
個人情報の取り扱いに関しましては、個人情報保護法を遵守します。
個人情報保護法に基づき個人情報等を厳重に管理し機密保持に努めるものとします。ただし、当方は、情報の漏洩、消失、他者による改ざん等が完全に防止されることについてのユーザーに対する保証を一切行わないものとします。プライバシーポリシーに関する内容は継続的に見直し改善していきますので変更されることがあります。
制定日:平成26年8月20日